2011年02月26日

安留奈の韓国伝統芸術世界 「湖南嘉楽―호남가락」

韓国伝統芸術世界「至高の調べと舞の饗宴」が今、日本で繰り広げられる
韓国伝統芸術世界の次世代を担う安留奈自身が構築してきた音と舞の世界。国宝姜貞烈による、「古制伽倻琴(カヤグム)竝唱」。「三絃六角」最後の名人達による「大風流(チャンゴ)」の調べに合わせて、国宝李梅芳の脈を受け継ぐ陳裕林が舞う、ダイナミックな僧舞。京畿カラックに合わせ、杖鼓を打ち、踊る事に定評の高い卞仁子の杖鼓舞など。韓国伝統芸能全てのジャンルの最高峰のアーティスト達が一堂に集まる。
湖南嘉樂チラシ表web用.jpg

湖南嘉樂チラシ裏web用.jpg

◆日時2011年3月19日(土) 昼公演 15時開演、夜公演 19時開演

◆場所青山銕仙会能楽研修所
東京都港区南青山4-21-29
地下鉄表参道駅下車(銀座線・千代田線・半蔵門線)A4出口より徒歩3分

◆プログラム
 伽倻琴散調、伽倻琴竝唱(沈清歌、春香歌)、サルプリ舞、僧舞、杖鼓舞、民謡連曲

◆出演者安留奈(アンユナ)
在日3世。韓国重要無形文化財第23号伽倻琴散調及び伽倻琴専修者。
国宝姜貞烈氏に伽倻琴散調及び伽倻琴竝唱を、民俗国楽界の第一人者である金茂慶氏と宮廷音楽のスペシャリスト現・韓国国楽院芸術監督金漢昇氏にヘグムを、名舞の名高い陳裕林氏に伝統舞踊を、それぞれ師事した。

【特別出演】
姜貞烈(カンジョンヨル)/伽倻琴竝唱/韓国重要無形文化財第23号伽倻琴散調及び伽倻琴竝唱芸能保有者
陳裕林(チンユリム)/僧舞/韓国重要無形文化財第27号僧舞及び97号サルプリ舞履修者
卞仁子(ピョンインジャ)/杖鼓舞/舞集할미꽃(halmiccot)舞踊監督
金清満(キムチョンマン)/杖鼓/韓国重要無形文化財第5号鼓法芸能保有者
崔慶萬(チェーギョンマン)/ピリ/扶餘郡忠南国楽団芸術監督
金茂慶(キムムギョン)/アジェン・ヘグム/韓国国楽協会器楽分科委員長
李鐵柱(イーチョルチュ)/テグム/民俗楽会シナウィ代表
李相鎬(イーサンホ)/鉦/第一回順天パルマ鼓手大会大統領賞受賞

◆料金5500円

◆主催安留奈の韓国伝統芸術世界「嘉楽の会」

◆チケット購入、問合せ
 安留奈 TEL.080-4357-1087 E-mail:piapiari@yahoo.co.jp


チラシとプログラムを作りました。


posted by 香衣 at 22:06| WORKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。