2010年06月02日

囃しますドットコムとは?

《囃しますドットコムとは?》
代表が主催する、代表がお囃子をする為のプロジェクトの名称です。

《「お囃し」とは?》
 「囃子」とは「にぎやかに囃し立てる」を本意とする、主として打楽器により奏する音楽の事を表します。また、俗に「おはやし」とも呼ばれ、演奏する人の事もさします。歌舞伎、能、狂言、寄席、落語、神楽、お祭りなどに付随する音楽は、全部「お囃子」と呼ばれ、そのジャンルと意味は多岐にわたります。
 私が勉強してきた「お囃子」は劇場系の囃子になりますが、言葉の本意である「にぎやかに囃子立てる」という意味にしっくりきており、また気に入っているので「お囃子」という言葉を使っています。
 何故かというと、私が「囃しますドットコム」でフォーカスを当てている「お囃子」の役割の側面は、装飾で脇役であるからです。時には踊りだったり、お芝居だったり、お話だったりと、何か対象となる物があり、それを「囃す」事で初めて「お囃子」の存在が成り立ちます。打楽器であるのにも関わらず、ビートを刻む役割が少ないところが日本のお囃子の面白いところだと思っています。ビートを刻まないというと語弊がある言い方ですが、テンポをキープする役目が少ないという事です。バンド音楽ですと、ドラムがあって、ベースがあって、コードがあって、その上に旋律がのるのが通常の作り方だと思いますが、囃子がつく劇場系の日本伝統音楽は、旋律があって唄があって、最後にお囃子がつきます。例えば、バンド音楽でいうテンポを刻むドラムとベースの役割は三味線が担います。(私はそう解釈しております。肝心要の部分で太鼓がテンポを作る事もあるのですが、この時の役割は、三味線へテンポを橋渡しする事だと思います)つまり「お囃子」とは、本当に音楽に色を付けたり賑やかにしたり、ふくよかにする為の装飾という位置づけが濃いのです。
 主となる物を、より美しく見せたり、効果的に見せたり、間をつなげたり、空間を埋めたり、表現を大きくしたりするのがお囃子の役目だと思います。

《囃しますドットコムの「囃します」とは?》

 そんな訳で、囃しますドットコムは「何かを囃したい!」と発足したプロジェクトです。何故プロジェクトが必要かというと、囃す対象が存在しないと成り立ちづらいのです。ですから、囃す対象物に巡り合う為に、私はこういう事をしたい、しています、出来ます、という事を分かってもらう為に、発足しました。
 お囃子は、人を励ましたり、勇気づけたり、背中を押したり、元気付けたり、テンションを上げたりもします。時には叱咤激励したり、牽制したり、煽ったり、怒ったり、チャチャ入れたり、からかったり、揚げ足とったりもします。要は、愛を持って、主となる物を、暖かく包みこみ、見守る事がお囃子の役目だと考えます。またお囃子は、自然界の現象を含め、宇宙の中のあらゆる物を音で表現します。
 私が今まで囃した事があるものは、踊り、演劇、お話が主です。今後ともどんなジャンルの踊りでもお芝居でもお話でも囃してみたいと思っておりますし、それ以外に囃せるものがあれば、何でも囃してみたいと思っております。具体的には思いついておりませんが、こういうのも囃せるんだ!という出会いがあったら楽しいだろうな、と思っております。
 そして囃す対象は人でなくてもいいかもしれません。何か思いつきましたら徐々に囃していこうと思っています。

《香衣が囃す音楽とは?》

 私が演奏する音楽は主に歌舞伎の黒御簾の中で演奏される音楽と同じものです。黒御簾とは舞台下手にある黒い板で囲まれた小さな部屋で、オペラでいうとオーケストラピットの様なものです。御簾の中には数たくさんの楽器があり、それらを用い、演奏します。作品が新作だったりする時には、その作品に合わせて音楽を構成します。その場でしんを切っている奏者の意思によりますが、要望があったり、その作品をより良い物にする為に、音の出る楽器で演奏できるものなら、どんな楽器でも用います。また、御簾の中では長唄の三味線と唄も演奏されます。
 歌舞伎囃子にはたくさんの決まったリズムパターンがあります。それらはそれぞれ意味や背景が決まっていたりします。それらを素材とし、使う場所や寸法を決めて囃子の手を作っていく事を作調といいます。この作調という作曲方法は私にとっては大変有り難く、私が今まで培った音楽を全部使う事が出来ます。
 ですので私が演奏する事のできる楽器は、和楽器洋楽器問わず全部、引き出しのストックとしてあり、出番があれば使う事にしております。音楽の内容に関しても、和洋問わず、私が知っている音楽で、その場にそぐう物は素材として演奏します。知らない物だったり、注文があったが分からない場合は、耳コピしたり、本や音源で調べたり、先輩方に電話したりストーカーしたりして教えを請うたりしております。


posted by 香衣 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

活動内容

伝統芸能業界で研鑽を積み、勉強をしてきた香衣が、本格的な囃子から気楽なレッスン、はたまた出張公演までお囃子に関わることならなんでも「囃します」!!
アーティストとして、お囃子の先輩として香衣に出来る事をお手伝いいたします!

●お稽古・対面レッスン

…鼓・太鼓等のお囃子を教えます。歌舞伎音楽の基礎から、俗曲・端唄等の気軽な者までお好みに合わせたレッスンを承ります。

●出張公演
…学校・施設公演等で、実演を交えたお囃子講座、長唄楽曲解説等を致します。

●病院慰問、老人ホーム慰問
…皆さんでリズムに乗れるストトン節等の俗曲、桜井敏雄先生のパイノパイノパイ、田谷力三先生のベアトリ姉ちゃん等の楽曲、ご用意可能です。笑顔をお届けします。

●海外交流
…韓国と日本の音楽をテーマにした海外交流コンサートや講座を開催致します。

●宴会
…宴会・お座敷を盛り上げます。お座敷唄やお囃子、踊り等で宴会を盛り上げます。

●ライブ
…雇われライヴを致します。お囃子とロック、現代曲とのコラボレーション…、お囃子の楽しみ方は無限大!

●貴方の音楽囃します
…和っぽい音や打楽器を入れたい方、もっと賑やかにしたい方、お囃子入りのセッションご希望の方等、ちゃちゃ入れさせて頂きます。お囃子に興味のある方、お囃子音楽を生活に取り入れたい方のご相談を承ります。

●舞台
…お芝居や踊り、ダンス、お話、おしゃべり、イベントなどの音楽を構成し囃します。
※野外公演など屋外活動は楽器の特性上慎重に対応させて頂きます。

●貴方の活動応援します。
…一人で舞台に立つのが怖い方、youtube等へ動画投稿をしてみたいものの勇気が出ない方、営業取るのにあと一押しな方、おめでたい方、囃して応援致します。
※当方、虫が大変苦手です。屋外の活動は楽器の特性上慎重にならざるをえません。
                                   
                                 (金額応相談)
                         ご依頼・お問い合わせはこちらまで



《2015年度の主な活動》
・EYS音楽教室発表会助演。EYS使用楽曲の編曲・譜面起こし。
・桐朋学園短期大学日本音楽専攻演奏会助演。伊福部昭作曲 郢曲「鬢多々良」
・NYスタイルバレエスクール代表大舘瑛子さんの創作ダンスの音楽構成・演奏
・在日韓国YMCA発表会 演奏
・北條陽子先生ピアノ発表会 演奏
・鮎澤和彦さん1stアルバム「夜風」作曲・演奏・ミックスダウンお手伝い
・音楽劇団熊谷組オペラ公演 演奏
・小日向先生お茶会お手伝い
・Music Studio M軽井沢音楽祭 演奏
・鳳声晴久さん浴衣会 演奏
・杵屋裕光さんお浚い会 演奏
・新宿どんぐり会 演奏
・長唄希扇会、仲三郎さんの会、栄芝さんの会等の囃子方のお手伝い
・奥山眞佐子さんお芝居 樋口一葉「大つごもり」音楽構成・演奏
・邦楽囃子研究所 歳松会コンサート 演奏
・韓国伝統芸術世界へのいざないコンサート 演奏
・世田谷区芸術アワード“飛翔”歴代受賞者コンサート 持ち時間内の企画・演出・演奏
・舞踊家青柳ひづるさんとお弟子さんの子供達のダンス 演奏
・安留奈さん韓国伝統芸術公演 チラシプログラム作成、舞台監督
posted by 香衣 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天テ○リン

「てんてぽりん」と読みます。
 天テ○リンとは香衣の芸名であり、別名であり、ハンドルネームであり、仮想キャラクターであり、囃しますドットコムのPRキャラクターです。
 子供たちや森の動物や妖精たちと楽しくお囃子しています。下手担当の太鼓仙人のメイドです。時には引きこもってアニメを見たり漫画を読んだりしています。香衣の事を主さまと呼びます。
 天テ○リンのツイッターでは、香衣の新着情報や活動情報や活動報告、またどうでもいい情報や雑談、日常のたわいもない事や自慢したい事、いかにリアルが充実しているかなどを、たまにつぶやきます。
posted by 香衣 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール・音楽歴

《香衣Kae プロフィール》
幼少よりピアノ、ヴァイオリンの手ほどきを受ける。
日本大学芸術学部音楽学科作曲コース卒業。
NHK邦楽技能者育成会50期入学。
音楽を担当した沖田修一監督短編作品『鍋と友達』が第7回水戸短編映像祭でグランプリを受賞。
第1回世田谷区芸術アワード”飛翔”音楽部門受賞。
歌舞伎囃子を堅田喜三久師(人間国宝)、堅田新十郎師、堅田喜久祐師に指導を受ける。
長唄三味線を杵屋五三吉師、杵屋五吉郎師に指導を受ける。


《音楽歴》
幼少時にカワイ音楽教室で西洋音楽の英才教育を受ける。その後ピアノとヴァイオリンを習い、子供の為の絃楽アンサンブルに所属する。
中学・高校時代は、和太鼓部と写真部に入部し、両方とも全国大会に出場し、和太鼓と写真に青春を捧げる。また、友人とバンドを組みドラムを担当する。
当時、太鼓の曲を作りたいと思うが出来なかったので、作曲学科を志望し入学する。
大学時代はパーカッション部屋に入り浸ったり、学生のオーケストラにヴァイオリンで参加したり、殺陣やったり、バンドでドラムやったり、暗室にしのびこんだり、麻雀やったり、4年の時に長唄研究会に入部してみたりする。又、民俗音楽に興味を持つ。
自分のやりたい太鼓を探す為、太鼓と名のつく、ありとあらゆる演奏会やワークショップに足繁く通う。
ある日歌舞伎を見に行った時「あそこの舞台の左の箱の中はなんて楽しそうなんだろう、あの中の太鼓がやりたい。あそこに入りたい!」と思うがツテがないので諦める。
大学卒業後、長唄三味線とジャワガムランと杖鼓と江戸里神楽を習い始める。
どこからかふと存在を耳にし、NHK邦楽技能者育成会に入学する。講師でいらしてた今の先生に出会い、お囃子の修行を始める。舞台の左の箱の中に入りたいという夢が叶う。
posted by 香衣 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。