2010年02月18日

芦花ホームを訪問して

 老人介護施設は、需要と供給が非の打ち所無くマッチしていて、今後も開拓が進められていくだろうビジネスチャンスの場であると思う。ただし、人間が生きていく場である。考えれば考えるほど、気が重いし、よく分からなくなる。
 私の身近なご年配の方は、「俺は焦っている。若いやつは誰も知らない。俺しか知らない事がいっぱいある。」とおっしゃっていた。それを聞き、私は始めて、後世に伝えたいという意思の存在を知った。人は齢をとれば、身体の動きが鈍くなる。一線で活躍していた人間が、老いのせいで身体を動かす事がままならなくなる、なんてどのような恐怖である事だろう。きっと、そうなった時、後世に託したいという思いがが芽生えるのだろう。もしかしたら、人生にはステージの様なものがあり、その時々の役割みたいな物があるのかもしれない。だとしたら、若い私の役割は、その思いを受け止める事なのかもしれないと思った。
 多かれ少なかれ人は、死が近づいた時、誰しもが後世に伝えたいという思いを何かしら抱くのではないだろうか。そして、死ぬまでの時間を潰しているのではなく、最後までよく生きたいと、誰しもが願っているのではないだろうか。
 しかし、老人介護施設に入居している方は、御自分の意思を伝える事ができなくなっている方がほとんどで、又他者がその思いを汲み取る事も至難ではないかと思う。そこで他者がその方々に何をしてあげられるかと考えた時、できる事の一つに文化の供給があると思う。文化とは我々が先日させて頂いたお茶会もその一つであるし、絵を描くこと、何かを作ること、音楽を聴くこと等、もさることながら、美味しく食事をとる事、おしゃべりをする事、身体を動かす事、等も含まれると思う。 あらゆる生活の中で、意図的に美学を持って(例えば、美味しいとか、綺麗だとかと思う事)行う事がすでに文化に成りうるのではと思う。まさに茶道とはそういう芸能ではないだろうか。
 ただし、老人介護施設は、あくまでも会社であり、ビジネスの場である。文化を供給するために、ボランティアというシステムを使わざわるを得ない。ボランティアとはよく言った言葉で募集する側にも行う側にも大義名分を与える事ができる。つまり、してもらって当然、してあげて良い事したという数列が成り立つのである。
 私は以前、とある一流の音楽療法士のお仕事の場を見学させて頂いた事がある。膨大な理論と裏づけに基き、何度も試行錯誤したであろう方法を用い、なんとも暖かく優しい言葉と表情と音色を使うその様に、私は大変感銘を受け、感動した。これもボランティアだという。「私はお年寄りが大好きなの。お年寄りに喜んで頂けるならそれで良い。」と、おっしゃっていた。
 デフレで不況の烙印を押されてしまった昨今の日本で、今後文化がどの様に在るのか気が重い議題であるが、こんな時は、じきに文化が必要とされる日がくるはずだ。その時、社会の受け入れ態勢がどうなっているかは案じられるが、結局我々ができる事は、黙って芸を習得し、鍛錬する事しかないのかもしれない。


posted by 香衣 at 01:59| 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

アワード発表を終えて 

 私が最も危惧している事は、愛すべき日本の伝統音楽の良さが、失われていく事である。しかし伝統とは、取捨選択され、移り変わりながら後世へ継承されていく物である。この自然の流れに抗う事は不可能であるが、少しでも良い方向へ流れて欲しいという願いのもと、今回の演奏会を企画した。

 私達50期の会は現代邦楽の演奏を中心に活動してきた会である。私達が演奏してきた現代邦楽曲は、ほとんどの物が、西洋音楽の手法によって作曲された物である。西洋音楽は素晴らしい音楽であるが、その常識や尺度を持って、邦楽を理解する事はできない。西洋音楽と邦楽は育ってきた環境がまるで違うのだ。それらの美しさや良さは違うところにあり、熟成されてきた方向性もまた異なるである。そして、特に西洋音楽で美しいとされる所は、邦楽の美しさと反するところにあり、西洋音楽の美学を持って日本の伝統音楽と接すると、その美学を打ち消してしまう可能性を秘めていると思うのだ。

 例えば、英語と日本語は全く別の言語である。そしてこの事は至極当たり前の事実として認識されている。音楽においてもこれと全く同じ事が当てはまると私は思う。世界にたくさんの言語が存在する様に、世界にはたくさんの音楽が存在するのだ。こと邦楽技能者に至ってはこの事を認識して欲しいと私は願っているのだ。

 以上をふまえ、50期の会でできる面白い演奏会とはどんな事だろうと妄想し、出てきたのが鹿鳴館であった。鹿鳴館では、それまで着物を着ていた日本人が一生懸命ドレスを身にまとい、見よう見真似のワルツを踊ったのである。西洋人から猿真似と称されたダンス。嗚呼それはどんなに滑稽だった事だろう。そしてなんと愛おしいのだろう。

 私が愛すべき日本の文化の特徴の一つは「ぱくる」事である。日本人は、物真似をし、それを日本の価値観で独自の物に変容させ吸収する事が得意であると思う。私はこの独特の価値観が愛おしいのである。現代邦楽の一つの可能性として、西欧諸国ではない国の民俗音楽を邦楽器でぱくってみてはどうか、と私は考えた。更にぱくり先は出来るだけ日本に近い地域から始めてみた方がしっくりくるのではないかと考え、今回、東アジアと東南アジアの音楽の中から私が好む物を選んだ。

 私がこの様に考えている事は、今回の演奏会にお運びくださった方に、きっと、あまり伝わってないだろうと思う。会のメンバーにも伝わっていたかどうか自信がない。私は自分を守る為に、途中で伝える事を放棄した。伝える為の語彙力も精神力もなかった。結局今回の公演は、私の自慰行為だったと取られても仕方が無いと思っている。しかしその一方で、今日の現代邦楽界にとって、決して無益な演奏会ではなかったと自負している。

 今回の演奏会を成功させる為、たくさんの人が動き、協力をしてくれた。私は彼らから多くの大切なものを与えて頂きご教授頂いた。そのせめてもの恩返しとして、私はこのコメントを50期の会としてではなく、第4回演奏会代表として、自分の言葉で書かせて頂く事をどうかお許し願いたい。

 伝統を存続していく為には現代邦楽の存在が必要である。そして我々の様な若者が笑顔を作らず真摯に邦楽器を演奏する様には、それだけで、多くの方に影響を与える力があると思っている。
 50期の会の面々はそれぞれが皆、各々の苦しみをかかえ、それと戦いながら、演奏活動を続けている。ただし50期の会が集団で対等である以上、一人一人が己を理解し、互いを思いやり、分別をわきまえる事ができなければ良い演奏をする事はできない。そしてあらゆる創作の現場で必要な事は、それが良いと、美しいと、面白いと感じる事だと思う。私は今回の公演の真を切った事で、少し霧が晴れた様な感覚がある。これは紛れもなくメンバーのお陰である。
 私がこの事に対してメンバーに、この演奏会に足を運んでくださった方々に、そして私を支えてくれた全てに存在に、このご恩を返す方法があるとするならば、それは己の芸を精進し、邁進する事しかないと考えている。



posted by 香衣 at 02:30| 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。