2010年06月04日

雑多な夢の4つの小品

2002年に作曲したオーケストラの為の作品です。

第一楽章 豆電球
第二楽章 白熱灯
第三楽章 蛍光灯
第四楽章 シャンデリア



posted by 香衣 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桶胴太鼓とピアノの曲

2000年に作曲した曲です。

桶胴太鼓(和太鼓の担ぎ桶胴)を演奏しています。ピアノは靖子ちゃんが演奏しています。
太鼓部分は当時所属していた太鼓チームが演奏していた物をほぼそのまま使用しています。
誰か再演してくれないかな…
posted by 香衣 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

囃しますドットコムとは?

《囃しますドットコムとは?》
代表が主催する、代表がお囃子をする為のプロジェクトの名称です。

《「お囃し」とは?》
 「囃子」とは「にぎやかに囃し立てる」を本意とする、主として打楽器により奏する音楽の事を表します。また、俗に「おはやし」とも呼ばれ、演奏する人の事もさします。歌舞伎、能、狂言、寄席、落語、神楽、お祭りなどに付随する音楽は、全部「お囃子」と呼ばれ、そのジャンルと意味は多岐にわたります。
 私が勉強してきた「お囃子」は劇場系の囃子になりますが、言葉の本意である「にぎやかに囃子立てる」という意味にしっくりきており、また気に入っているので「お囃子」という言葉を使っています。
 何故かというと、私が「囃しますドットコム」でフォーカスを当てている「お囃子」の役割の側面は、装飾で脇役であるからです。時には踊りだったり、お芝居だったり、お話だったりと、何か対象となる物があり、それを「囃す」事で初めて「お囃子」の存在が成り立ちます。打楽器であるのにも関わらず、ビートを刻む役割が少ないところが日本のお囃子の面白いところだと思っています。ビートを刻まないというと語弊がある言い方ですが、テンポをキープする役目が少ないという事です。バンド音楽ですと、ドラムがあって、ベースがあって、コードがあって、その上に旋律がのるのが通常の作り方だと思いますが、囃子がつく劇場系の日本伝統音楽は、旋律があって唄があって、最後にお囃子がつきます。例えば、バンド音楽でいうテンポを刻むドラムとベースの役割は三味線が担います。(私はそう解釈しております。肝心要の部分で太鼓がテンポを作る事もあるのですが、この時の役割は、三味線へテンポを橋渡しする事だと思います)つまり「お囃子」とは、本当に音楽に色を付けたり賑やかにしたり、ふくよかにする為の装飾という位置づけが濃いのです。
 主となる物を、より美しく見せたり、効果的に見せたり、間をつなげたり、空間を埋めたり、表現を大きくしたりするのがお囃子の役目だと思います。

《囃しますドットコムの「囃します」とは?》

 そんな訳で、囃しますドットコムは「何かを囃したい!」と発足したプロジェクトです。何故プロジェクトが必要かというと、囃す対象が存在しないと成り立ちづらいのです。ですから、囃す対象物に巡り合う為に、私はこういう事をしたい、しています、出来ます、という事を分かってもらう為に、発足しました。
 お囃子は、人を励ましたり、勇気づけたり、背中を押したり、元気付けたり、テンションを上げたりもします。時には叱咤激励したり、牽制したり、煽ったり、怒ったり、チャチャ入れたり、からかったり、揚げ足とったりもします。要は、愛を持って、主となる物を、暖かく包みこみ、見守る事がお囃子の役目だと考えます。またお囃子は、自然界の現象を含め、宇宙の中のあらゆる物を音で表現します。
 私が今まで囃した事があるものは、踊り、演劇、お話が主です。今後ともどんなジャンルの踊りでもお芝居でもお話でも囃してみたいと思っておりますし、それ以外に囃せるものがあれば、何でも囃してみたいと思っております。具体的には思いついておりませんが、こういうのも囃せるんだ!という出会いがあったら楽しいだろうな、と思っております。
 そして囃す対象は人でなくてもいいかもしれません。何か思いつきましたら徐々に囃していこうと思っています。

《香衣が囃す音楽とは?》

 私が演奏する音楽は主に歌舞伎の黒御簾の中で演奏される音楽と同じものです。黒御簾とは舞台下手にある黒い板で囲まれた小さな部屋で、オペラでいうとオーケストラピットの様なものです。御簾の中には数たくさんの楽器があり、それらを用い、演奏します。作品が新作だったりする時には、その作品に合わせて音楽を構成します。その場でしんを切っている奏者の意思によりますが、要望があったり、その作品をより良い物にする為に、音の出る楽器で演奏できるものなら、どんな楽器でも用います。また、御簾の中では長唄の三味線と唄も演奏されます。
 歌舞伎囃子にはたくさんの決まったリズムパターンがあります。それらはそれぞれ意味や背景が決まっていたりします。それらを素材とし、使う場所や寸法を決めて囃子の手を作っていく事を作調といいます。この作調という作曲方法は私にとっては大変有り難く、私が今まで培った音楽を全部使う事が出来ます。
 ですので私が演奏する事のできる楽器は、和楽器洋楽器問わず全部、引き出しのストックとしてあり、出番があれば使う事にしております。音楽の内容に関しても、和洋問わず、私が知っている音楽で、その場にそぐう物は素材として演奏します。知らない物だったり、注文があったが分からない場合は、耳コピしたり、本や音源で調べたり、先輩方に電話したりストーカーしたりして教えを請うたりしております。
posted by 香衣 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

活動内容

伝統芸能業界で研鑽を積み、勉強をしてきた香衣が、本格的な囃子から気楽なレッスン、はたまた出張公演までお囃子に関わることならなんでも「囃します」!!
アーティストとして、お囃子の先輩として香衣に出来る事をお手伝いいたします!

●お稽古・対面レッスン

…鼓・太鼓等のお囃子を教えます。歌舞伎音楽の基礎から、俗曲・端唄等の気軽な者までお好みに合わせたレッスンを承ります。

●出張公演
…学校・施設公演等で、実演を交えたお囃子講座、長唄楽曲解説等を致します。

●病院慰問、老人ホーム慰問
…皆さんでリズムに乗れるストトン節等の俗曲、桜井敏雄先生のパイノパイノパイ、田谷力三先生のベアトリ姉ちゃん等の楽曲、ご用意可能です。笑顔をお届けします。

●海外交流
…韓国と日本の音楽をテーマにした海外交流コンサートや講座を開催致します。

●宴会
…宴会・お座敷を盛り上げます。お座敷唄やお囃子、踊り等で宴会を盛り上げます。

●ライブ
…雇われライヴを致します。お囃子とロック、現代曲とのコラボレーション…、お囃子の楽しみ方は無限大!

●貴方の音楽囃します
…和っぽい音や打楽器を入れたい方、もっと賑やかにしたい方、お囃子入りのセッションご希望の方等、ちゃちゃ入れさせて頂きます。お囃子に興味のある方、お囃子音楽を生活に取り入れたい方のご相談を承ります。

●舞台
…お芝居や踊り、ダンス、お話、おしゃべり、イベントなどの音楽を構成し囃します。
※野外公演など屋外活動は楽器の特性上慎重に対応させて頂きます。

●貴方の活動応援します。
…一人で舞台に立つのが怖い方、youtube等へ動画投稿をしてみたいものの勇気が出ない方、営業取るのにあと一押しな方、おめでたい方、囃して応援致します。
※当方、虫が大変苦手です。屋外の活動は楽器の特性上慎重にならざるをえません。
                                   
                                 (金額応相談)
                         ご依頼・お問い合わせはこちらまで



《2015年度の主な活動》
・EYS音楽教室発表会助演。EYS使用楽曲の編曲・譜面起こし。
・桐朋学園短期大学日本音楽専攻演奏会助演。伊福部昭作曲 郢曲「鬢多々良」
・NYスタイルバレエスクール代表大舘瑛子さんの創作ダンスの音楽構成・演奏
・在日韓国YMCA発表会 演奏
・北條陽子先生ピアノ発表会 演奏
・鮎澤和彦さん1stアルバム「夜風」作曲・演奏・ミックスダウンお手伝い
・音楽劇団熊谷組オペラ公演 演奏
・小日向先生お茶会お手伝い
・Music Studio M軽井沢音楽祭 演奏
・鳳声晴久さん浴衣会 演奏
・杵屋裕光さんお浚い会 演奏
・新宿どんぐり会 演奏
・長唄希扇会、仲三郎さんの会、栄芝さんの会等の囃子方のお手伝い
・奥山眞佐子さんお芝居 樋口一葉「大つごもり」音楽構成・演奏
・邦楽囃子研究所 歳松会コンサート 演奏
・韓国伝統芸術世界へのいざないコンサート 演奏
・世田谷区芸術アワード“飛翔”歴代受賞者コンサート 持ち時間内の企画・演出・演奏
・舞踊家青柳ひづるさんとお弟子さんの子供達のダンス 演奏
・安留奈さん韓国伝統芸術公演 チラシプログラム作成、舞台監督
posted by 香衣 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天テ○リン

「てんてぽりん」と読みます。
 天テ○リンとは香衣の芸名であり、別名であり、ハンドルネームであり、仮想キャラクターであり、囃しますドットコムのPRキャラクターです。
 子供たちや森の動物や妖精たちと楽しくお囃子しています。下手担当の太鼓仙人のメイドです。時には引きこもってアニメを見たり漫画を読んだりしています。香衣の事を主さまと呼びます。
 天テ○リンのツイッターでは、香衣の新着情報や活動情報や活動報告、またどうでもいい情報や雑談、日常のたわいもない事や自慢したい事、いかにリアルが充実しているかなどを、たまにつぶやきます。
posted by 香衣 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール・音楽歴

《香衣Kae プロフィール》
幼少よりピアノ、ヴァイオリンの手ほどきを受ける。
日本大学芸術学部音楽学科作曲コース卒業。
NHK邦楽技能者育成会50期入学。
音楽を担当した沖田修一監督短編作品『鍋と友達』が第7回水戸短編映像祭でグランプリを受賞。
第1回世田谷区芸術アワード”飛翔”音楽部門受賞。
歌舞伎囃子を堅田喜三久師(人間国宝)、堅田新十郎師、堅田喜久祐師に指導を受ける。
長唄三味線を杵屋五三吉師、杵屋五吉郎師に指導を受ける。


《音楽歴》
幼少時にカワイ音楽教室で西洋音楽の英才教育を受ける。その後ピアノとヴァイオリンを習い、子供の為の絃楽アンサンブルに所属する。
中学・高校時代は、和太鼓部と写真部に入部し、両方とも全国大会に出場し、和太鼓と写真に青春を捧げる。また、友人とバンドを組みドラムを担当する。
当時、太鼓の曲を作りたいと思うが出来なかったので、作曲学科を志望し入学する。
大学時代はパーカッション部屋に入り浸ったり、学生のオーケストラにヴァイオリンで参加したり、殺陣やったり、バンドでドラムやったり、暗室にしのびこんだり、麻雀やったり、4年の時に長唄研究会に入部してみたりする。又、民俗音楽に興味を持つ。
自分のやりたい太鼓を探す為、太鼓と名のつく、ありとあらゆる演奏会やワークショップに足繁く通う。
ある日歌舞伎を見に行った時「あそこの舞台の左の箱の中はなんて楽しそうなんだろう、あの中の太鼓がやりたい。あそこに入りたい!」と思うがツテがないので諦める。
大学卒業後、長唄三味線とジャワガムランと杖鼓と江戸里神楽を習い始める。
どこからかふと存在を耳にし、NHK邦楽技能者育成会に入学する。講師でいらしてた今の先生に出会い、お囃子の修行を始める。舞台の左の箱の中に入りたいという夢が叶う。
posted by 香衣 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

芦花ホームを訪問して

 老人介護施設は、需要と供給が非の打ち所無くマッチしていて、今後も開拓が進められていくだろうビジネスチャンスの場であると思う。ただし、人間が生きていく場である。考えれば考えるほど、気が重いし、よく分からなくなる。
 私の身近なご年配の方は、「俺は焦っている。若いやつは誰も知らない。俺しか知らない事がいっぱいある。」とおっしゃっていた。それを聞き、私は始めて、後世に伝えたいという意思の存在を知った。人は齢をとれば、身体の動きが鈍くなる。一線で活躍していた人間が、老いのせいで身体を動かす事がままならなくなる、なんてどのような恐怖である事だろう。きっと、そうなった時、後世に託したいという思いがが芽生えるのだろう。もしかしたら、人生にはステージの様なものがあり、その時々の役割みたいな物があるのかもしれない。だとしたら、若い私の役割は、その思いを受け止める事なのかもしれないと思った。
 多かれ少なかれ人は、死が近づいた時、誰しもが後世に伝えたいという思いを何かしら抱くのではないだろうか。そして、死ぬまでの時間を潰しているのではなく、最後までよく生きたいと、誰しもが願っているのではないだろうか。
 しかし、老人介護施設に入居している方は、御自分の意思を伝える事ができなくなっている方がほとんどで、又他者がその思いを汲み取る事も至難ではないかと思う。そこで他者がその方々に何をしてあげられるかと考えた時、できる事の一つに文化の供給があると思う。文化とは我々が先日させて頂いたお茶会もその一つであるし、絵を描くこと、何かを作ること、音楽を聴くこと等、もさることながら、美味しく食事をとる事、おしゃべりをする事、身体を動かす事、等も含まれると思う。 あらゆる生活の中で、意図的に美学を持って(例えば、美味しいとか、綺麗だとかと思う事)行う事がすでに文化に成りうるのではと思う。まさに茶道とはそういう芸能ではないだろうか。
 ただし、老人介護施設は、あくまでも会社であり、ビジネスの場である。文化を供給するために、ボランティアというシステムを使わざわるを得ない。ボランティアとはよく言った言葉で募集する側にも行う側にも大義名分を与える事ができる。つまり、してもらって当然、してあげて良い事したという数列が成り立つのである。
 私は以前、とある一流の音楽療法士のお仕事の場を見学させて頂いた事がある。膨大な理論と裏づけに基き、何度も試行錯誤したであろう方法を用い、なんとも暖かく優しい言葉と表情と音色を使うその様に、私は大変感銘を受け、感動した。これもボランティアだという。「私はお年寄りが大好きなの。お年寄りに喜んで頂けるならそれで良い。」と、おっしゃっていた。
 デフレで不況の烙印を押されてしまった昨今の日本で、今後文化がどの様に在るのか気が重い議題であるが、こんな時は、じきに文化が必要とされる日がくるはずだ。その時、社会の受け入れ態勢がどうなっているかは案じられるが、結局我々ができる事は、黙って芸を習得し、鍛錬する事しかないのかもしれない。
posted by 香衣 at 01:59| 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

アワード発表を終えて 

 私が最も危惧している事は、愛すべき日本の伝統音楽の良さが、失われていく事である。しかし伝統とは、取捨選択され、移り変わりながら後世へ継承されていく物である。この自然の流れに抗う事は不可能であるが、少しでも良い方向へ流れて欲しいという願いのもと、今回の演奏会を企画した。

 私達50期の会は現代邦楽の演奏を中心に活動してきた会である。私達が演奏してきた現代邦楽曲は、ほとんどの物が、西洋音楽の手法によって作曲された物である。西洋音楽は素晴らしい音楽であるが、その常識や尺度を持って、邦楽を理解する事はできない。西洋音楽と邦楽は育ってきた環境がまるで違うのだ。それらの美しさや良さは違うところにあり、熟成されてきた方向性もまた異なるである。そして、特に西洋音楽で美しいとされる所は、邦楽の美しさと反するところにあり、西洋音楽の美学を持って日本の伝統音楽と接すると、その美学を打ち消してしまう可能性を秘めていると思うのだ。

 例えば、英語と日本語は全く別の言語である。そしてこの事は至極当たり前の事実として認識されている。音楽においてもこれと全く同じ事が当てはまると私は思う。世界にたくさんの言語が存在する様に、世界にはたくさんの音楽が存在するのだ。こと邦楽技能者に至ってはこの事を認識して欲しいと私は願っているのだ。

 以上をふまえ、50期の会でできる面白い演奏会とはどんな事だろうと妄想し、出てきたのが鹿鳴館であった。鹿鳴館では、それまで着物を着ていた日本人が一生懸命ドレスを身にまとい、見よう見真似のワルツを踊ったのである。西洋人から猿真似と称されたダンス。嗚呼それはどんなに滑稽だった事だろう。そしてなんと愛おしいのだろう。

 私が愛すべき日本の文化の特徴の一つは「ぱくる」事である。日本人は、物真似をし、それを日本の価値観で独自の物に変容させ吸収する事が得意であると思う。私はこの独特の価値観が愛おしいのである。現代邦楽の一つの可能性として、西欧諸国ではない国の民俗音楽を邦楽器でぱくってみてはどうか、と私は考えた。更にぱくり先は出来るだけ日本に近い地域から始めてみた方がしっくりくるのではないかと考え、今回、東アジアと東南アジアの音楽の中から私が好む物を選んだ。

 私がこの様に考えている事は、今回の演奏会にお運びくださった方に、きっと、あまり伝わってないだろうと思う。会のメンバーにも伝わっていたかどうか自信がない。私は自分を守る為に、途中で伝える事を放棄した。伝える為の語彙力も精神力もなかった。結局今回の公演は、私の自慰行為だったと取られても仕方が無いと思っている。しかしその一方で、今日の現代邦楽界にとって、決して無益な演奏会ではなかったと自負している。

 今回の演奏会を成功させる為、たくさんの人が動き、協力をしてくれた。私は彼らから多くの大切なものを与えて頂きご教授頂いた。そのせめてもの恩返しとして、私はこのコメントを50期の会としてではなく、第4回演奏会代表として、自分の言葉で書かせて頂く事をどうかお許し願いたい。

 伝統を存続していく為には現代邦楽の存在が必要である。そして我々の様な若者が笑顔を作らず真摯に邦楽器を演奏する様には、それだけで、多くの方に影響を与える力があると思っている。
 50期の会の面々はそれぞれが皆、各々の苦しみをかかえ、それと戦いながら、演奏活動を続けている。ただし50期の会が集団で対等である以上、一人一人が己を理解し、互いを思いやり、分別をわきまえる事ができなければ良い演奏をする事はできない。そしてあらゆる創作の現場で必要な事は、それが良いと、美しいと、面白いと感じる事だと思う。私は今回の公演の真を切った事で、少し霧が晴れた様な感覚がある。これは紛れもなくメンバーのお陰である。
 私がこの事に対してメンバーに、この演奏会に足を運んでくださった方々に、そして私を支えてくれた全てに存在に、このご恩を返す方法があるとするならば、それは己の芸を精進し、邁進する事しかないと考えている。



posted by 香衣 at 02:30| 作文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

ありがとうございました2

活動写真弁士片岡さん 本当に素敵な殿方に巡り会えました!ありがとうございました!片岡さんのブログはこちら

FORTUNE太田さん佐々木さん 本当に素敵なチラシとプロ!光栄過ぎました。幸せでした。有り難うございました。右下の素敵なドラミちゃんのTシャツデザインされていらっしゃいます!是非ともご覧になって下さい。FORTUNEさんのHPはこちら

イラストのごとうえみこさん つくもがみが、とってもかわいくなってて、嬉しかったです!ありがとうございました!ごとうえみこさんのHPはこちら

照明サウンドダック桐谷さん、おおつさん 音響さん 本当に本当にありがとうございました。最初は、「え!?いや、ミラーボーは・・・」っておっしゃってなのに、「最後のマツバメもミラーボール回しちゃいましょうか」っていうのが本当に嬉しかったです!お酒ご一緒でき楽しかったです!サウンドダックさんのHPはこちら

イワマツダンススクールの皆様 本当に素敵な衣装にダンス!ありがとうございました!

後援してくださった家庭音、同声会、ジャーナル、邦楽の友社、の皆様本当に有り難うございました。

協力してくださった皆様ありがとうございました。

おことや菊井やさん ありがとうございました!

W村先生 本当に優秀な学生を紹介して下さいましてありがとうございました。

アネカの皆様 録音何回も聞きました。本当にありがとうございました。

Nやさん、K下くん Hかげさん 本当にありがとうございました!

K野先生 近々資料お返しに伺います。本当にありがとうございました。

I子先生 本当にありがとうございました。お手伝いがんばります!

M上さん H口先生 お電話ありがとうございました。それっきりですいませんでした。

映像こーじまん 出会えて嬉しかったようありがとう〜遊んで欲しい〜

指揮とくちゃん ありまろ〜世話になった〜遊ぼーよー

尺八助演 今井さん田畑さん大賀さん渡辺さん 本当に本当にありがとうございました

お手伝いさわやかボーイズおっきーさんしまながさんあやべさん佐々木さん ホントに神!ありがとうございました!

まなちゃんあさこちゃんやまだくん ホント助かりまくりでありがとう〜
___
K崎くん クッキー詰め合わせありがと〜当日来てくれて嬉しかった〜
えりさま うなぎパイ二箱も!ありがとうございました!
福田くん お菓子二箱も!も〜いつもいいのに〜ありがとうございました。
Cひろさん コロンパンマドレーヌ30個。びっくりしました!嬉しかったです!ありがとうございました!
K柳さん 電子郵便ありがとうございました!リハの時もありがとうございました!はーちゃん!会えて嬉しかったです!
かずえちゃんお母様 おにぎりサンドイッチお茶類たくさん!救いでした!本当にありがとうございました。
先代バーバーA いっつも高級メロンだとかパンとかおにぎりとかお茶とかウナギとかお菓子とか、もう本当にどんだけ〜ってな感じでお世話になりまくりました。しまいには期待しちゃってました。本当に本当に本当にありがとうございました。てかありがとうじゃ済まないです
M月さん リハも当日も本当に心強くて嬉しかったです!ありがとうございました!メール返してなくてすいません汗
S田さん もう貴女なしではいられませんでした。優しくって厳しくって怖くって真性Mとしてはたまりませんでした。じゃなくて本当にありがとうございました。(じゃ済まないんですよ、、ど〜しよ)
あやちゃん ちゃんと落とし前つける感じの働きっぷり!くみちょ〜ありがとう!

posted by 香衣 at 22:05| 世田谷区公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとうございました1

I辺先生  過日の五十期の会 演奏会には、ご多用でいらっしゃる中をご来場くださいまして、誠にありがとうございました。
当日は奥様にもお運びくださり、私達のために時間を割いてくださいましたこと、また暖かいお言葉を賜りましたことを、いらっしゃれないと承っていただけに、本当に嬉しく存じ、感激致しました。なんとか盛会裡に終えることが出来ましたのも、先生のご指導 お励ましあっての事です。本当にありがとうございました。

音楽事業部の皆様 私達の為に何度となく、ご連絡をとって頂き、お足を運んで頂き、お時間を割いて下さいました事、身に余る光栄でございました。今回は私達に私の様な人間が代表者で、皆様のご心労は計りしれない事だったとふつつかながらお察し申し上げております。にも関わらず皆様にはたくさんの事を教えて頂きました。本当にありがとうございました。

Mのさん いつもお菓子とかお茶とか差し入れて下さいまして、本当に有り難う御座いました。お気遣いいつも嬉しく存じました。いつぞやはごちそうにもなり、本当に嬉しかったです。楽しい思い出です。

M本先生 大きくて立派なお花があり、大変びっくり致しました。御年85歳でいらっしゃいますのに、お運び下さったとの事、信じらない程の光栄でした。本当に本当に有り難う御座いました。F屋さんも本当にありがとうございました。

S籐先生 チケット5枚買ってくださったのは、先生からだとは、気付かず察しの悪い私をお許し下さい。お気持ち、痛いほど嬉しく思いました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

M子先生 本当に本当にお世話になりました!お陰さまで打ち上げも盛り上がりました。本当に本当にお気遣い有り難う御座いました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

Y山先生 メールでお言葉頂戴し、感激でした。短管本当にありがとうございました。

K先生と奥様とS先生と奥様 本当突然すいませんでした。無理やり楽器を本当に本当にありがとうございました。

トウキョウ音大民族音楽研究所 きっちょうなゴング!ありがとうございました。無事にお返しいたしました。
Oさま ずっと私の心のアイドルでした。お声をかけて頂けるだけでも光栄ですのに、いらして下さった上におそろいの物まで下さって感激致しました。家宝です!

O谷さん 本当ごちそうさまでした。チケット10枚も!本当にありがとうございました!

アネカHさん こんなに大きなクッキー!美味しかったです。ありがとうございました!

タイ採譜者Yみちゃん 洒落にならない程の薄謝で譜面書いて頂いたのに、クッキーまでお持ち下さってもう!本当にありがとうございました!

マレーシアフィリピン採譜者K籐くん ていうか御礼もしてないのに、見に来て頂いた上、お菓子まで持ってきて!本当ごめん。ありがとう!近いうちに必ずや飲みに行きましょう

Mなちゃん こき使いまくって本当ありがたかったのに、お菓子まで!もう!もし居なかったら不成立でした!美味しかったです。

Mゆちゃん 本当に久しぶりだったよ〜元気そうで嬉しかったです。鳩サブレありがとう!飲みに行こうね。

K倉さん 本当にありがとうございました。たねやのお菓子、めっちゃ美味しかったです。

S女さん ごまのお菓子いっぱい!本当にありがとうございました!

H方さん サラダうどん!幸せでした〜嬉しかったです〜美味しかったです〜有り難うございました

Oきちゃん パンセたくさん!本当にありがとう!

Iみちゃん すっごいかっこいいお花!さっすが!見たことないよう!ありがとう!

Aみちゃん Rなちゃん 本当にケコーンおめでたう!妖怪折り紙!うわああああいやたあーありまろ〜

Rおちゃん Kるちゃん Rえちゃん Bび お花ありがとう!紫!渋い素敵!Rお旦那お写真ありがとうございます。

Cそ ピンクの大きいお花一人で!もう〜本とにありがとう!いつからフランスだっけ?

Hし 焼き菓子詰め合わせ!ありがとう!本当にご自分疲れてるなか、3回も演出案見てくれて、本当に助かった!

Yらちゃん かわいいぷくっとしたお花ありがとー!元気な赤ちゃんを!妹さんもありがと〜

Aみさん お花ありがとうございました。楽屋までいらしてくださってありがとうございました。

花かまくらというお菓子を下さった方、本当にありがとうございました。本当にすいません。何方からか分からなくなってしまいました。
panda.jpg
posted by 香衣 at 21:15| 世田谷区公演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。